犬

愛犬のサイン

犬

犬でも色々な病気に掛かってしまいます。特に、椎間板ヘルニアは厄介で、症状が悪化してしまうと歩くことができなくなります。しかし、症状が分かりにくいので厄介な病気となります。

Read More..>>

カルシウム不足

犬

椎間板ヘルニアは掛かってしまうと厄介な病気なので、防止するためにも犬に運動をさせるようにしましょう。そうすれば、肥満を防ぐことが出来るので、病気になる確立を下げられます。

Read More..>>

椎間板ヘルニアを知ろう

ご自宅で飼っている犬の椎間板ヘルニア治療をしてくれる動物病院がコチラで紹介されてます。役立つ情報が満載ですので、ぜひご覧ください。

無料で紹介してもらうことが可能です。ペット供養をする方は業者選びを真剣に行わなければいけないです。見積もりも出してもらいましょう!

犬も『椎間板ヘルニア』になります

犬

『椎間板ヘルニア』って聞いたことありますよね。腰痛の痛みに悩まされ、ぎっくり腰に繋がる“あれ”です。

実は人間だけではなく犬なども『椎間板ヘルニア』になってしまいます。生まれつき軟骨異栄養症の遺伝子を持っている犬種を軟骨異栄養性犬種と言い、ハンセン1型椎間板ヘルニアを発症しやすいと言われています。ハンセン1型は小型犬が多いのが特徴です。一般的には高齢になればなるほどなりやすいとされていますが、犬種によっては若くして発生したケースもあるようです。またハンセン2型タイプもあり、非軟骨異栄養性犬種と呼ばれる犬種で、こちらは小型犬に加え大型犬も含まれているのが特徴です。

ただ、人間と違うのは、人は脊髄神経の一部が影響を受けるのに対して、犬は中心部に影響があるため、重度の症状だと下半身麻痺を引き起こします。つまり犬の『椎間板ヘルニア』は人間でいうところの『椎間板ヘルニア』ではなく、『脊髄障害』とも言える重い症状となってしまう可能性があるのです。

飼い主は確かな知識を身につけよう

『椎間板ヘルニア』にならないように予防するにはどうしたらよいか、万が一『椎間板ヘルニア』になってしまった場合には愛犬にどんな症状があらわれるか、またどんな治療方法があるか、など、飼い主は愛犬の為に沢山の知識を取り入れる必要があります。可愛らしい愛犬といつまでも楽しく暮らせるように『椎間板ヘルニア』についても勉強しましょう。

大切なペットのお見送りを行いたいならコチラのペット火葬専門業者に相談してみてください。悔いの残らない用なお別れを提供してくれます。

ドッグフードの通販サイトでは、ペット専用の火災セットの販売も行なっています。被害にあって後悔するまえに購入して安心するようにしましょう。

高額な医療費

犬

愛犬のために健康管理に気を使っている方はたくさんいらっしゃいますが、椎間板ヘルニアに掛かってしまうことがあります。そんな時には、内科治療か外科治療か選ぶことになります。

Read More..>>